猫のコンディションや体調を維持するために、飼い主さんが知っておくべき4つの事実

2017年3月12日

我が家のみーこは、今年で10年目の大切な家族です。

毎日、私や家族を癒やしてくれています。

ただ…

悩みの種は、最近特に、うんちがゆるかったり吐いたりすることが多いのです。

そこで色々と試して分かったことがあります。

それは…トラちゃんやみーこに食べさせてたキャットフードの成分は、実は猫が食べられないどころか必要のない有害なものだらけと言う事実でした。

そこで、私が知った、猫の体を大切にするために重要だと思った、4つのことをお話しまします。

 

1.キャットフードの成分表示に注意

キャットフードは、含まれている成分量の多い順に表示します。

1000円以下の安いもの穀物の割合が多いです。

理由はコストを抑えるため。

ですが猫は完全な肉食なので、本来穀物は食べないです。

穀物は本来、牛などの草食動物の主食です。

猫の消化器は牛の5分の1以下しかないのでほとんど消化できません。

猫の身体に非常によくないので、穀物が一番多いキャットフードは選ばなようにしましょう。

これとは真逆で米・トウモロコシ・小麦・大麦・大豆などの穀物を使用してないフードを「グレインフリー」と言います。

 

2.一般的なキャットフードの肉は「肉」じゃない

ポークミール・ビーフミールなどと書かれた成分は、そもそも「肉」ではないです。

がん細胞に冒された臓器や、カビやサルモネラ菌に感染した腐敗した肉などを材料にした、「肉のようなもの」です。

このような最低品質のもの4Dミートと言います。

これらをまとめて、「動物性油脂」と呼んでいます。

市販のキャットフードのお肉のほとんどは、動物性油脂です。

 

3.猫の体に良い「オメガ3脂肪酸」

内臓に負担をかける穀物動物性油脂は、尿路結石腎臓病の原因になります。

結石になる猫が多いですが、最近、結石に有効で寿命が長くなる「オメガ3脂肪酸」が注目されています。

第35回動物臨床医学会の資料より(2014年)

オメガ3脂肪酸は青魚に含まれる成分です。

学会の報告で、「オメガ3脂肪酸」は尿路結石に効果があることが明言されています。

 

4.環境省は「プレミアムフード」推奨

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 飼い主のためのペットフード ・ ガイドラインより

プレミアムフードとは、化学的な保存料や酸化防止剤がほとんど含まれておらず人間が食べられる程の質の高い原料を使用して作られたフードのことです。

つまり、穀物動物性油脂酸化防止剤を使っていないフード。

環境省が公式に出している資料には、「プレミアムフード」は猫の健康に良い影響を与える食事であることが明記されています。

 

実際にCMをしているキャットフードについて見てみると…?

・懐石zeppin(日清ペットフード)

一番多いのが穀物で、次に多い魚介類・肉類がミールパウダーばかり。

動物性油脂と穀物だらけで、一刻も早くやめるべきです。

・アイムス

酸化防止剤としてBHABHTが使用されています。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)・BHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、動物性油脂の劣化を防ぐために使われます。

ほとんどの人間用食品に入れることを禁止している添加物です。

・いなばのちゅーる

成分の「増粘多糖類」は取りすぎるとお腹を下しやすいです。

 

愛猫の理想の食事をまとめると…

・一番多い成分はお肉で中身がはっきり分かる

・穀物は不使用でグレインフリー

・不安な添加物を一切使っていない

オメガ3脂肪酸が入っている

・これらの条件を満たすプレミアムフード

でも・・・CMで宣伝しているものでさえ愛猫のからだによくないものばかり。

ですが・・・

1週間程度で、うんちの状態が劇的に変わり、

時々苦しみながら吐いていたのが、ピッタリ止まったキャットフードを見つけたのです。

それが「カナガン」でした!

 

カナガンは、穀物・動物性油脂・化学物質一切無し

成分はが一番多く、猫に悪いものは一切入っていません。

1.「カナガン」は穀物完全カット=グレインフリー。

2.「カナガン」はお肉が一番多く、そのお肉は4Dミートじゃない

3.食いつきの心配も皆無

我が家のみーこがすっかり元気に!

4.尿路結石や腎臓病を防ぐ「オメガ3脂肪酸」を含み添加物も全く無い

カナガンには、オメガ3脂肪酸がしっかり含まれています。

5.国が推奨する「プレミアムフード」である

ご飯をカナガンに変えたことで、みーこがとても元気になってくれました!

毎日元気にご飯を催促してくれるのが、私にとって何よりも幸せです!

そして1日でも長く、あなたと猫ちゃんが、一緒に幸せで楽しく過ごしてもらえたらと思います。

 

公式サイト

 

「カナガン」はイギリス生まれのキャットフード!

カナガン」はペット先進国のイギリスで作られています。

イギリスでは動物虐待すると警察が動きます。

そのイギリスでも、「カナガン」を手に入れられるのは、郊外の小さなペットショップだけです。

日本では代理店1社だけが、インターネットのみで販売を許されています。

日本で「カナガン」を買えるのは、このサイトだけです。

 

追伸

毎日元気なみーこ(^^)

猫は、どこか痛かったり

具合が悪くても

それを訴えることはありません。

じっと我慢して耐えています。

猫とはそういう動物です。

猫の不調に気づき

病気や怪我から救ってあげられるのは

一緒にいるあなただけです。

愛する猫に幸せに暮らしてもらうために、

楽しい時間を長く一緒に過ごすために、

毎日の生活に気を配り、

不調には敏感になりましょう。

猫の健康をまもれるのは

猫を愛するあなただけなんですから。

 

公式サイト

※クリックしても公式サイトに飛ばない場合は、残念ですが売り切れです。